通貨ペアについて考える

head交換する二国の通貨は「通貨ペア」と呼びます。アメリカのドルと日本の円の交換を例に取ると、通貨ペアは「米ドル/日本円」ということになります。同様に、ユーロとアメリカのドルの場合は「ユーロ/ドル」という表記になります。
FX会社によっ通貨ペアの表示が異なってくる場合があります。大きく分けて、日本語で表示する会社と英語で表示する会社の二種類となります。今回は、代表的な通貨ペアの表示(日本語、英語)についての説明をしていきたいと思います。

<通貨ペアの英語表記と日本語表記>

英語表記  日本語表記          英語表記  日本語表記
USD/JPY  米ドル/円          NZD/USD  ニュージーランドドル/米ドル
EUR/JPY  ユーロ/円          TRY/JPY  トルコリラ/円
EUR/USD  ユーロ/米ドル        ZAR/JPY  南アフリカランド/円
GBP/JPY  英ポンド/円         HKD/JPY  香港ドル/円
GBP/USD  英ポンド/米ドル       SGD/JPY  シンガポールドル/円
AUD/JPY  豪ドル/円          NOK/JPY  ノルウェークローネ/円
AUD/USD  豪ドル/米ドル       USD/CHF  米ドル/スイスフラン
CAD/JPY  カナダドル/円        GBP/CHF  英ポンド/スイスフラン
CHF/JPY  スイスフラン/円       EUR/GBP  ユーロ/英ポンド
NZD/JPY  ニュージーランドドル/円   EUR/CHF  ユーロ/スイスフラン

以上が通貨ペアの日本語表記と英語表記です。

次は、FX通貨ペアをどのように選んだらいいのか、ユーロドルを含む外貨クロスの通貨ペアの賢い読み方を紹介していきたいと思います。

通貨ペアには決まり事が幾つかあります。例えば、むかって右側にはどの通貨位置するか、左側にはどの通貨が位置するかということがルールで決まっています。この場合、左側の通貨は「主軸通貨」と呼ばれます。そしてむかって右側の通貨は「決済通貨」と呼ばれています。

通貨ペア表示は、主軸通貨(左側)を決済通貨(右側)で交換する取引を指しています。実際にドル/円を例にしての説明をいたします。むかって左側の通貨はドルです。ということは「主軸通貨」がドル、「決済通貨」が円ということになります。

FXにおいての利益、損失、スワップポイントは決済通貨で生じてきます。この場合ですと、利益、損失、スワップポイントは「円」で発生するということになります。また、ユーロ/ドルで取引をした場合には、本来「米ドル」で利益、損失、スワップポイントが発生します。この仕組みは多くのトレーダーを混乱させる為、FX会社はその都度ドル円レートで自動的に日本円に換算し、それを取引システム上に表示しています。FX業者内で「自動円転」と呼ばれるものです。

興味深い事に、通貨ペアには、昔から通貨の格付けというものが存在しています。これは何世紀にもわる長い期間に築かれたルールで、具体的には「英国連邦に加盟している国、地域の通貨、または英国を宗主国にしている国の通貨は必ず主軸通貨になる」というルールです。主軸通貨についてもう少し詳しく説明しているのが、このXM.comです。

英国連邦に加盟している国、地域、英国を宗主国にしている国とは、外国為替でいえば英国、米国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、香港などを指します。ですから円はこれらの主要通貨に対しては、主軸通貨になることが一切ありません。

ということで、通貨ペアでは、円は決済通貨として表示されることになります。通貨ペアの表示では、ドル/日本円、豪ドル/日本円、NZドル/日本円、ランド/日本円、香港ドル/日本円という表示になるのです。以上のように、バイナリーオプションとは異なる点がありますので、バイナリーオプションしかやったことが無いという人は、まずFXの特徴について知っておく必要があります。


FXの人気

  • 巷ではFXの人気は衰えることがなく、たくさんの方が取引を行っています。その人気の秘密は、取引できる時間が24時間あるということにあります。

    仕事を持っている方や子育てに忙しい主婦でも、空いた時間さえあれば、トレードすることができます。FXのゴールデンタイムは夕方から深夜にかけてです。

    ちょうど私達が仕事や家事などから解放されて、自由な時間を過ごせる時間帯とマッチしています。私達の生活パターンにとても適しているというのも、FXの魅力のひとつです。
earthh